Cセラム - ビタミンC美容液

美肌づくりに欠かせないビタミンCを、誘導体と呼ばれる 化学処理をすることなくピュアな状態のままカプセルに 閉じ込めました。

高濃度のビタミンCを真皮層まで送り届けることで、お肌に活力を与えながら、メラニンの生成を抑制してシミやくすみを改善し明るい透明感のあるお肌を作ります。

C serum - ビタミンC美容液
内容量:15ml \4,900(税込)

成分

PG、アスコルビン酸、レシチン、ポリアクリルアミド、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7

こんな方におすすめ

シミを薄くしたい・シワ、たるみをなくしたい・くすみを取りたい・ニキビなしの滑らかな肌にしたい

Cセラム(ビタミンC美容液)の商品一覧

Cセラム(ビタミンC美容液)

ビーグレンの商品の中で人気NO.1&ロングセラーの商品。美肌づくりに欠かせないビタミンCを、独自の特許製法QuSomeで、ピュアな状態のままナノカプセル化しています。高濃度のビタミンCを真皮層まで送り届けることで、お肌に活力を与えながら、メラニンの生成を抑制してシミやくすみを改善し、毛穴の引き締まった明るい透明感のある肌を作ります。(1本およそ2ヶ月分)

ビーグレン公式サイトでCセラム(ビタミンC美容液)を購入する

Cセラム(ビタミンC美容液)
\4,900

Cセラム(ビタミンC美容液)2本セット

ビーグレンの商品の中で人気NO.1&ロングセラーの商品。美肌づくりに欠かせないビタミンCを、独自の特許製法QuSomeで、ピュアな状態のままナノカプセル化しています。高濃度のビタミンCを真皮層まで送り届けることで、お肌に活力を与えながら、メラニンの生成を抑制してシミやくすみを改善し、毛穴の引き締まった明るい透明感のある肌を作ります。(2本セットは900円お得

ビーグレン公式サイトでCセラム(ビタミンC美容液)を購入する

Cセラム(ビタミンC美容液)2本セット
\8,900

Cセラム(ビタミンC美容液)3本セット

ビーグレンの商品の中で人気NO.1&ロングセラーの商品。美肌づくりに欠かせないビタミンCを、独自の特許製法QuSomeで、ピュアな状態のままナノカプセル化しています。高濃度のビタミンCを真皮層まで送り届けることで、お肌に活力を与えながら、メラニンの生成を抑制してシミやくすみを改善し、毛穴の引き締まった明るい透明感のある肌を作ります。(3本セットは1800円お得

ビーグレン公式サイトでCセラム(ビタミンC美容液)を購入する

Cセラム(ビタミンC美容液)3本セット
\12,900

初回限定、6000円相当のセット商品が1890円で。
もちろん送料無料で。
驚きの、365日間返品保証付き。
たっぷりと、一週間分。

詳細はこちら

Cセラムの使用方法について

一般的な使用方法を教えてください。

手のひらに適量(好みで構いませんが、目安としては1プッシュ、または、真珠2粒大)を取り、洗顔後、ローションで整えたお顔全体に伸ばして、手のひらで優しく押さえるようにしてお肌になじませてください。Cセラムの有効成分であるピュアビタミンCは、紫外線によって壊れやすい上、変色する性質がありますので、日中ご使用される場合は、しっかりとUVケアをしてください。日中外出が多い方の場合は、夜だけたっぷり使用する方法がよいでしょう。

効果的な使用方法を教えてください。

Cセラムを使った、週に1、2回の「ビタミンCパック」がオススメめです。洗顔後、蒸しタオルを顔に乗せ、お肌を柔らかくします。顔に乗せた蒸しタオルが冷たくなったら取り、Cセラムをたっぷりとお顔にのばしてください。その上をラップで覆い、5~10分おきます。ラップを取り除いた後は美容液がさらっとしているので手のひらで優しく肌になじませます。この「ビタミンCパック」は、お肌の張り、ニキビケア、毛穴ケアに大変効果がありますので、ぜひお試しください。

1日に何回くらい使用した方がいいですか?

朝晩2回使用で、シミやニキビの気になる部分など、気がついた時に部分付けすると効果的です。(1日に3、4回程度)

使用期限は?

製品の品質は2年間保証となっていますが、製品の酸化の可能性がありますので、開封後は3ヶ月以内に使い切ったほうが良いでしょう。

1個でどれくらいの期間使えますか?

1ボトル(30ml)の場合、朝晩2回の使用で約2ヶ月程度です。

使用年齢は?

どの年齢の方でも使用できます。ただし、小さい子供をモニターにしてのテストはしていないません。トラブルのない若いお肌には、特に必要はないと思われます。

Cセラムの前に、ローションは必要ですか?

洗顔後のお肌の状態が十分に潤っている状態であれば、特にローションは使用しなくても問題はありません。ただ、洗顔後につっぱり感があったり、かさついている場合は、ローションを使用した方が良いでしょう。なぜなら、ローションによってCセラムの伸びを良くするのと同時に、キメを整え、Cセラムの浸透をしやすくするからです。また、ローションをつけることでビタミンC成分による刺激を抑える効果があるからです。

ビタミンCなのに、昼間付けても大丈夫ですか?

Cセラムの有効成分であるピュアビタミンCは、紫外線によって壊れやすい上、変色する性質がありますので、日中使用する場合は、しっかりとUVケアをして下さい。日中外出が多い場合は、夜だけたっぷりご使用する方法が良いと思います。

他社の化粧品と併用する場合、どのタイミングで使ったらいいですか?

洗顔後、ローションでお肌を整えた後になります。他社製品との併用は問題ありませんが、油分の多い乳液やクリームを先に使ってしまうと、Cセラムの浸透を妨げる可能性があります。

Cセラムの効果について

Cセラムは、どんな肌タイプにも合いますか?

すべての肌タイプの方が使用できます。

ホワイトクリーム(美白クリーム)と、どう美白効果が違うんですか?

Cセラムの美白効果はピュアビタミンCの働きによるもので、メラニン色素の生成を抑えると同時に、メラニン色素を淡色化する還元作用があります。ホワイトクリームの美白効果はハイドロキノンの働きによるもので、メラニン色素を除去する強力な漂白作用があります。

肌が乾燥してきたのですが…。

Cセラムの有効成分であるピュアビタミンCには、過剰な皮脂分泌を抑える働きがありますので、乾燥肌の方が使用した場合、乾燥を助長させることもあります。乾燥が気になる時には、Cセラムの量を少なめにして、ローションやモイスチャライジングゲル(コラーゲン保湿ゲル)、エイジリンクルクリーム(アンチエイジングクリーム)などで保湿を強化すると良いかと思います。

肌がヒリヒリ感じます。

Cセラムの有効成分であるピュアビタミンCが刺激になっている可能性があります。ピュアビタミンCは酸性のため、お肌が敏感になっている時に使用した場合、ヒリヒリ感を感じることがあります。Cセラムの前にコラーゲン保湿ゲルを付けることで、刺激が緩和されますのでお試しください。症状がひどい時には、使用を中止し、肌が回復したら再度使用してみてはいかがでしょう。ただし、症状が悪化するようであれば、すぐに使用を中止し、皮膚科医に相談しましょう。

肌が突っ張るのですが…。

Cセラムを使用し始めると、肌にハリが出てくるため、それを突っ張り感と感じる方もいるようですが、どうしても気になるようでしたら、やはり使用を控えた方が良いかと思います。

Cセラムの成分について

Cセラムの気になる成分を教えて下さい。

PG、アスコルビン酸、レシチン、ポリアクリルアミド、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7 、です。

有効成分は何ですか?

ピュア・ビタミンC(L-アスコルビン酸)です。 

Cセラムにはには保存料は入っていますか?

入っていません。ビタミンC成分自体が酸性で殺菌効果があるため、他の保存料を必要としません。

Cセラムはオイルですか?

オイルではありません。油分はまったく入っていません。ナノ・カプセルを保持する役割のある「プロピレグリコール(PG)」という成分が、水と油の間に位置し油っぽく感じる成分なのですが、厳密にオイルではありません。

Cセラムをつけると、温かくなるのですが…。

ビタミンCがお肌に吸収されて、血行が良くなっているためです。心配は要りません。

他社のビタミンC製品と、どう違うんですか?

ビタミンC成分は30年以上も前から「肌に良い」と言われていますが、そのままでは肌の中には浸透しない上、肌表面に刺激を与え、化粧品にするには不安定な成分です。他社のビタミンC製品は、浸透させるためにビタミンCを誘導体(合成成分)にしていますが、ビタミンC誘導体の吸収率が高いという科学的根拠は、実は無いのです。
また、誘導体として合成されたビタミンCの濃度はとても低く、皮膚内で全てのものが分離するかどうかも科学的に証明されておりません。Cセラムは浸透技術を使用して、ピュアビタミンCをそのまま肌の真皮層まで届けることを可能にしたものなので、効果が高く即効性があるのです。

CセラムのビタミンCの濃度はどれくらいですか?

7.5%です。ビーグレン Cセラムは独自の浸透技術の使用で、7.5%でも高い効果が実証されています。例えばビタミンC濃度20%の美容液の場合、それ自体では肌に浸透しないので、少しでも濃度を高くして肌への吸収量を上げることを目的としているようです。しかし、ビタミンC濃度の高い製品は、肌への刺激が強いために、両刃の剣とも言えます。

Cセラムは水溶性ビタミンですか?

ビタミンC自体は水溶性の成分です。水溶性の成分には脂の皮膜で覆われたお肌には浸透しにくいというデメリットがありますが、ビーグレンの独自の浸透技術を応用し、肌の脂と酷似した脂の皮膜で水溶性の成分をカプセル化してしまうことで、浸透しない水溶性の成分もお肌に馴染みながら、お肌の奥まで浸透することを可能にしました。

水溶性と油溶性はどう違うんですか?

ビタミンC自体は水溶性の成分なので、皮脂膜に浸透させるために、他社の製品ではビタミンCを誘導体(合成成分)にしています。合成する時に付加するものによって水溶性・脂溶性と分かれます。

匂いが気になります…。

ビーグレン製品は無香料のため、気になるという匂いは成分臭と思われます。私もCセラムは匂いがするな~という印象ですが、オレンジのような匂いで好きではありますが…。

その他、保管についてなど

ニキビに直接つけてもいいですか?

大丈夫です。殺菌効果があり、過剰な皮脂分泌を抑える働きがありますので、初期のニキビにつけることで、悪化することを防いでくれます。ただ、炎症を起こしているニキビの場合には刺激が強いかもしれませんので、炎症が治まるまでは、その部分は避けてましょう。

男性でも使えますか?

使えます。

旅行に持っていく時に、別の容器に移しても問題ないですか?

問題ありませんが、移し替える容器はしっかり洗ったものを使用してください。少量を移して、短い日数内に使い切るようにしましょう。残ったものを元の容器に戻すことは止めましょう。計画性を持って移すようにしましょう。

冷蔵庫に入れておいた方がいいですか?

冷蔵庫での保管はススメできません。製品によっては冷蔵庫の低温によって、成分が結晶化したりする場合もあります。室温で直射日光の届かない場所に保管しましょう。

初回限定、トライアルセット商品が1,800円(税抜)で。
もちろん送料無料で。
驚きの、365日間返品保証付き。
たっぷりと、一週間分。

詳細はコチラ